訪問鍼灸マッサージ東京在宅サービス
相談員の湊です。

在宅医療研究会オンラインに参加しました。
参加というか視聴ですね。

テーマは、

「在宅で出会う終末期事例の向き合い方」
~多職種でおさえる看取りの作法~

講師を務めて下さったのは、
杉並PARK在宅クリニック
田中 公孝先生

主催はホウカンTOKYOさん

田中先生は、杉並区を中心に
訪問診療・家庭医として活躍されている先生です。

その田中先生より、
看取りの作法
という話をして頂きました。

「在宅の仕事は看取りが日常としてある業務」
との言葉から始まり、
だからこそ、在宅の専門職にとって
「看取り」(終末期)における大切な考え方の基本を
お伝えいただきました。

先生の実例に則った、生生しいお話。
だからこそ、
・Think ahead of the problemという行動
・優先順位の付け方
・報告ではなく相談するために普段どうすべきか
・専門職として患者の背景にフォーカスする大切さ
ETC.etc…
というようなお話が刺さってきました。

途中から、看取りだから終末期だから、
ではなく、普通の業務として大事なことを教わっているような
そんな錯覚さえありました。

私たちがかかわる終末期の患者様だけでなく、
そこに向かう姿勢や、仕事・業務そのものへの考え方
を学ばせていただきました。

少し現場で役立てるようにしたいと思います。

訪問鍼灸マッサージ
東京在宅サービス
相談員 湊貞行